2014年03月31日

初代GALAXY TAB(SC-01C)でテザリング(ドコモ格安MVNO回線を使って)

 こちらのブログを更新するのは久しぶりになります。どうもご無沙汰していました。

 
 今回のネタは「GALAXY TAB(SC-01C以下初代GALAXY TAB)」でテザリングです。この初代GALAXY TAB本来はテザリングのメニューがあり、色々な事情で隠されていいるだけでした。


 なのでべつにrootをとる必要もなく「Mobile AP」で検索してでてくるAndroid アプリの何かしらをインストールすれば簡単にテザリングできてしまう・・・まあ知っている人は知っているネタではありました。


 ところが、本家のブロウのほうで音声契約XiSIMを初代GALAXY TABにさして、色々と調べていたところ変なことに気がつきいました。以下本家のブログから抜粋。


 
この「GALAXY TAB(SC-01C)」(他に「GALAXY S」も)は公式にはテザリングをサポートしていません。ただ「Mobile AP」と検索してでてくる何かしら?をインストールするとテザリングできちゃうそうです。まあ今更感のあるネタですが。


 もちろん非公式なので試す場合は自己責任ということで。ただ気になるのはAPNの動きですね、少し見てみましょうか。


 下の画像は、APNを"mopera.net"に設定して上記の何かしら?を使って非公式テザリングをONにしたときの「Android System info」の画面。ありゃ?隠しAPNになっていません。


 GALAXYTAB_SP_teza.png


 「GALAXY TAB」はAndroid2.2ですから「APN 切り替え」というアプリが使えます。このアプリは使用中のAPNを他のAPNにワンタッチで切り替えてくれるスグレモノ。このアプリを使って非公式テザリングがONになったままで"spmode.ne.jp"のAPNに切り替えてみましょう。


 GALAXYTAB_moperaaction.png


 そのまま"spmode.ne.jp"になりました。まったく隠しAPNがでてきません。・・・たしかにテザリングできているんですが。


 どういうことなんだろ?・・・まあいいや、やめとこ。



 以上です。


 要はAPNが隠しAPN"dcmtrg.ne.jp"に強制的に切り替わらないということです。もしこれが本当ならドコモ格安MVNO回線でもテザリングが出来る可能性があります。なので試してみました。試したSIMは「OCN モバイル ONE」です。


 まず結果からいうとできちゃいました。


 以下検証過程。


 まずはGALAXY TABで「OCN モバイル ONE」のSIMが使えるかどうか試します。GALAXY TABはFOMA対応タブレットなのでAPNは"3g-d-2.ocn.ne.jp"ですこれをGALAXY TABに追加してあげましょう。


 後はそのAPNを選択するだけです。


 GALAXYTAB_OCN.png


 ・・・通信出来てますね。まあこれは想定内です。


 ではテザリングを試してみましょう。私が隠しテザリングメニューを掘り起こすためにつかったアプリはKABASOFTの「Tethering Shortcut」です。このアプリを起動させて「Mobile AP」という項目をタップ。


 Tethering Shortcut2.png


 つづいて、無線LANのセキュリティを設定してあげてください。下記に@の囲みです。もちろん暗号化しておくべきです。その上で@のMobile APにチェックをいれます。


 Tethering Shortcut1.png


 すると非公式テザリングが始まります。


 Tethering Shortcut3.png


 テザリングのマークが出ています。もちろん3G通信も行われていますね。


 このときつないだPCではどうなっているのか。


 Tethering Shortcut4.jpg

 きちんとつながっています。速度計測もしてみましょう。


 スピードテスト.jpg


 FOMA通信としてはいい数字でています。


 この時のAPNがどうなっているのかも調べてみます。


 OCN teza_apn.png


 APNは"3g-d-2.ocn.ne.jp"のままです。隠しAPNに切り替わっていないので、隠しテザリングメニューを出すアプリさえあれば、後はなんのアプリを使うこともなくテザリングが可能なのですね。もちろんrootをとる必要もありませんただし非公式ですが


 というわけでお約束。試すのであればくれぐれも自己責任で。


 あと若干接続が不安定?そんなところを現在感じています


 ちょっと急いで書いているので乱文になってしまっているかと思いますがご容赦を。


 では。


 


 


 


web拍手 by FC2
posted by kfvt22 at 06:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

ドコモ、Tizen搭載端末発売へ

 本当にお久しぶりです。


 ブログ書く暇がないほど忙しかったわけではないのですが、このブログの主なネタである「MeeGo」はほぼ開発終了のようですし、もうひとつの「Android_x86」ネタは試してみた結果を検証するのに時間がかかる。そんなこんなで更新がかなり滞っていました。


 MeeGo後継OSの「Mer」、Jollaの「Sailfish OS」共にどうなっているのかニュースを追っていませんでしたし。


 そんななかこんなニュースが発表されました。


 ドコモ、Tizen搭載端末を下期に発売へ


 MeeGo後継OSの一つ「Tizen」は遂に搭載端末発売にこぎつけました。まずはめでたしめでたし。


 後は「Android」との差別化をどうやっていくかでしょう。「Tizen」の方がHTML5で作成されたアプリが速く動作するといわれていますが。


 ここのところ第3勢力のOSが注目を集めています。「Tizen」しかり「Firefox OS」しかり。あとは「Ubuntu for phones」といったところでしょうか。


 その一方でHPの「webOS」はLGに売却されてしまいましたし、BlackBerry(旧Reserch in motion)はようやく「BlackBerry OS 10」の発表にこぎつけ巻き返しを狙っているところ(日本では端末の発表予定はないようですが)。MicroSoftの「Windows Phone」も苦戦していますね。


 両者の差はよりオープンであるかどうか、のような気がします。恐らくクローズなプラットフォームではiOS、Androidの二強はもはや崩せないでしょう。「Windows Phone」の苦戦がそれを物語っていると思います。


 とりあえず「Tizen」の今後の展開に注目です。


 では。


 
posted by kfvt22 at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

Tizenはどうなっている?

 お久しぶりです。今回の表題は「Tizenはどうなっている?」というものですが、公式ホームページみてもほとんど進捗が見られないこのプロジェクト。本当にやる気あるのでしょうか。

 でむしろコッチはどうだろうと思っています。

 MeeGoは死なず 元Nokia社員がベンチャー立ち上げで継続

 もっとも未だに公式サイトもないので(公式ツイートはあります。こちら)、まあ上記記事の「年内(2012年)にもMeeGoスマートフォンを発表する予定という。」というのもまず無理だと思っているのですが・・・。

 なのでAmazon.comからの個人輸入のやり方もわかったことですし、このままだと本当に最初で最後のMeeGo端末になりそうな「Nokia N9」でも個人輸入しましょうか。

 では。

 
posted by kfvt22 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | MeeGo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。